建築家と原価で造る
原価公開

原価で造るという意味

原価を明らかにすることが、建築の品質につながります。
旧来の、不明瞭であいまいな住宅建築工事費は、利益隠し・手抜き工事の温床になっていました。

無理なコストダウンは、見えない所にしわ寄せが来る

建設会社の3〜4割という営業利益は、いったい何処からもたらされるのでしょう。建築総額や坪単価計算でのコストダウンでは、どこから利益を得ているのかは見えてきません。

分譲マンションやホテル建築の不正だけではないでしょう。あの不幸な事件は、いち建築士の犯罪だけではないはずです。値引きで無理な受注をして、利益を確保するために下請けを叩いたりして辻褄を合わせるという、建設会社の体質が招いた結果ではないでしょうか。
安全性まで無視すれば、見えないところで、いくらでも手を抜けることが実証されてしまいました。必要なところに適切に経費を配分する、そんな基本的な(もっとも大切な)ことが行われていなかったのです。

全ての情報開示が基本です

注文住宅を建てようとしたとき、相見積もりを取ってコストを比較することは、今や普通に行われています。インターネット上でカタログを請求できるサイトも無数にあります。
でも、住宅会社それぞれの都合で出された、設計も仕様も異なるものを検討しても無意味です。どこが冗費なのか、どこで利益を得ているのかなど施主様が判断できるものではありません。

ビルダーズブリッジは、原価をお知らせする、まったく駆け引きのない(したがって値引きの余地も全然ない)見積もりをお出しします。
住宅建設のすべての経費・工程をオープンにし、適正価格で品質を確保する努力を続けています。原価で造る注文住宅、一度ご検討ください。

建築原価を明確にすること、それがビルダーズブリッジの提唱する「原価で造る注文住宅」のスタートラインです。無料相談窓口までお問い合わせください。

相談窓口 電話047-349-5010 相談フォーム 土地探しフォーム
建築家と原価で造る、新築&リノベーション。©株式会社ビルダーズブリッジ 原価で造るという意味